好きなものに
囲まれて暮らす
西海岸スタイルの家

岐阜県恵那市F様

建物タイプ :
グラン/2016年3月竣工
延べ床面積 :
114.18㎡(34.53坪)
<1階床面積> 57.26㎡(17.32坪)
<2階床面積> 56.92㎡(17.21坪)

大好きなアメリカンな雑貨集めの集大成が家づくり
マイナス10℃でも心地よく暮せる住宅性能も魅力

スケートボード、音楽、スニーカー、雑貨など10代のころからアメリカンカルチャーに親しんできたF様。家を建てるなら、これまで集めてきたコレクションが映える空間をつくりたい、そんな想いでいっぱいでした。そんなF様にとってハウスメーカー選びは、自分の世界観を理解してくれるかどうかが絶対条件。それに加えて、建設地が冬になるとマイナス10℃を記録することもある寒さ厳しい恵那市だったことから、暖かい家を建ててくれることも大切なポイントだったそうです。スウェーデンハウスとの出会いは、奥様のお姉様がオーナー様だったこと。実際に冬の心地よさを生の声で聴けたことが、決め手の1つになりました。「それに設計の方が僕のイメージを早く的確に理解してくれたことも大きかったですね。融通が効くところも魅力的でした」とF様。お互いの感性に共感しあえた家づくりは、とても楽しかったそうです。

ディテールにこだわって造り上げたオリジナルな世界観
大切な人と、大切なモノに囲まれたアメリカンライフが実現

西海岸をイメージした1階は、玄関からLDK全体が見渡せる開放感がステキ。お気に入りのアメリカ雑貨もセンスよく飾られています。実用的なスイッチや照明、ティッシュケース、タオルハンガーなどのアイテム一つ一つから、F様の確かな審美眼と、どれ一つとして妥協しなかったこだわりが見て取れます。こうしたディテールの積み重ねがあって、ゲストからも褒められる独自の世界観が完成しているのでしょう。リビング階段で2階ともつながる間仕切りのない空間ですが、冬はリビングのエアコン1台だけで快適とのこと。木製サッシで切り取られた周囲の長閑な景色はまるで絵画のようで、ぼーっと眺めていると、心が安らぎ幸せな気分になってきます。
完成した住まいは大勢のゲストを招きたいという夢も叶い、春から秋はご友人たちと外でBBQをしながら、にぎやかに過ごす時間がとても楽しいそうです。「これでアメ車を買えば、僕のアメリカンライフは完成です」と笑顔のF様。この先も大切な人たちと、大好きなモノに囲まれた暮らしが続いていきます。

カバードポーチ部分はウッドデッキに。気候が良くなると、見晴らしが素晴らしいこの場所で過ごす時間が多くなるそうです。

奥様こだわりのキッチンは“シーグレー”という印象的な色がポイント。
Miele(ミーレ)の食洗機はご主人様のこだわりです。壁はサブウェイタイル風のものを使ったことで、アメリカンな雰囲気が高まりました。

アップルグリーンの壁にヘリンボーン柄の床がステキな洗面室。奥様のメイクコーナーは造作しました。洗面化粧台はアメリカのKOHLER(コーラー)社の洗面ボウルに。ミラーやタオルハンガーにアメリカンブランドを使用しています。

ご夫妻の寝室は、ストライプのシックなクロスを使って海外のホテルのようなイメージに。まもなくアメリカ製の大きなベッドが届く予定だそう。

(上)シューズクロークの入口はアーチ形状。靴好きのご夫妻のお気に入りがスッキリ収納されています。クロークから直接廊下に出られ、動線もスムーズです。

子供部屋は北欧をイメージ。淡いブルーのアクセントクロスが爽やかな印象です。

2階ホールはファミリールームとして使用。ご主人様にとってはDJブースで好きな音楽を愉しむ場所。お子さんたちにとっても遊び場になっているようです。

アメリカンカルチャーを取り入れたいという
熱い思いに動かされました
私自身もF様のご趣味に共感する部分が多く、北欧のスウェーデンハウスとアメリカのイメージを上手く融合させてみたいと挑戦させていただきました。F様の実現したいイメージが明確だったため設計士とも上手く共有できたと思います。北欧テイストにとらわれない自由な発想のスウェーデンハウスを増やしていく事が私の目標です。

アメリカンカルチャーを取り入れたいという
熱い思いに動かされました

私自身もF様のご趣味に共感する部分が多く、北欧のスウェーデンハウスとアメリカのイメージを上手く融合させてみたいと挑戦させていただきました。F様の実現したいイメージが明確だったため設計士とも上手く共有できたと思います。北欧テイストにとらわれない自由な発想のスウェーデンハウスを増やしていく事が私の目標です。