土地探しから、5年の歳月をかけた家づくり

スウェーデンハウスとの出会いは5年前、家づくりを始めようとご夫婦で日進展示場を訪れたことがきっかけでした。色々なメーカーの展示場を見学してから検討を始めようと思っていた奥様とは対照的に、「柱の太さや断熱材などのしっかりとした構造も見て、もうここしかないと惚れ込みました」とスウェーデンハウスの構造に惚れ込んでしまったご主人。ご主人の意思表示に、奥様もスウェーデンハウスを建てる決心を固められました。

打ち合わせを重ねて希望のプランへ

エコジョイの特徴である「白い窓枠」をベースに全体を白で統一されたH様邸。何度も打合せを重ね、その度に出てきた希望に合わせて設計士がプランを変更しました。ステンドグラスを使った白と水色のコントラストが美しい洋室や、赤色をベースとしたオープンスタイルのキッチンなど、上手に色が取り入れられています。「上の子どもが担当の植木さんになつき、一緒に遊んでもらったので、設計士さんやコーディネーターさんとの打合せも安心してできました」と、打合せをスムーズに行えたことも居心地の良い住まい作りのポイントのようです。

スタイリッシュなデザインの外観

H様邸はスウェーデンハウスの性能や内装だけでなく、外観にもセンスの良さが感じられます。新しい住宅が立ち並ぶ街並みの中でもひときわ目を引くその外観は、左右対称になるように窓のデザインが工夫され、凹凸を活かした広めのバルコニーはおしゃれな雰囲気に。「諦めないでスウェーデンハウスにしてよかった。間仕切りがほとんどない我が家ですが、冬でも暖かくて気持ちが良いです。家にいる時間が多くなりました」と話すご主人は、新しい家での生活にとても満足されているご様子でした。

仕切りのないオープンなダイニング。調理する人と家族が同じ空間で過ごせます

朝やお出かけの時間帯が重なってもゆったりと仕度ができるワイドな洗面台。鏡コーナーも設けてあります

明るく清潔感のある玄関を入ると、お母様手作りのステンドグラスが迎えてくれます

階段を使うときは必ずリビングを通るので、家族とのふれ合いの時間が増えます。階段の圧迫感はなく、窓から陽射しが差し込む快適な空間

階段からはリビングを見下ろせます。ダイニングやキッチンまで声が掛けられ、自然なコミュニケーションを生み出します

明るく風通しが良いご主人の書斎では、1階にいる家族の気配を感じながら独りの時間を楽しめます

白と水色でコーディネートされた優しい雰囲気の子ども部屋

ご満足いただける家づくりができ、担当として大変うれしいです。

H様ご家族は入居者内覧会などの各種イベントへご参加され、実際に体験することでスウェーデンハウスの性能を実感していただきました。ご入居されてまだ日は浅いのですが、「スウェーデンハウスでの暮らしに何の不満もなく、快適に毎日過ごせています」とおっしゃっていただいたときは、営業担当として大変うれしく思います。