ブラウニーちゃんが安心して心地よく暮らせる空間

愛犬ブラウニーちゃんが暮らしやすい家をつくりたい。それがK様ご夫妻の一番の願いでした。奥様が犬のしつけを専門にしていることもあり、1階はしつけ教室に。ご家族がいつも過ごされるリビングを2階に配置する事で外の目を気にする必要ない、人が尋ねてきた時にブラウニーちゃんが玄関から外へ出て行かないようにといった配慮もなされています。広々とした空間をご希望のK様は、斜天井の2階リビングを実現できて大満足。 そしてもうひとつどうしても叶えたかったのが、全ての扉を引き戸にすること。これはブラウニーちゃんが開けた扉にぶつかることがないようにとの思いからです。

気に入ったものに囲まれた毎日

奥様の希望で、外観は赤毛のアンをイメージ。真っ白なサイディングに玄関扉の窓やグリーン枠が可愛らしく、とてもお洒落です。リビングの温かみのある黄色のクロスは、時を経てあめ色に変化していく木の色合いとなじむことを考えて選ばれたそう。木の質感を生かしたヤコブセンの照明は、ご主人のセレクト。お気に入りに囲まれて暮らしたいというお2人は、「この家のものには一切妥協せず、気に入ったものだけを購入しています」とおっしゃいます。

1階に設置された犬のしつけ教室。左側の扉はドッグランスペースにつながっています

パイン材に緑のクロスが自然な雰囲気を演出しているダイニングキッチン

愛犬ブラウニーちゃんのトイレも兼ねた2階のトイレ

ご家族がいつも過ごされるリビング。斜天井が広がりのある空間を実現。木の香りいっぱいの明るくやさしいスペースはご夫妻のお気に入り

パイン材を使ったオリジナル洗面化粧台を設置した明るい洗面室

ダイニングを照らすヤコブセンの照明が印象的です

白と緑、木の色合いがステキな外観

この家の名前は「みどりちゃん」です

とても温かく気さくなK様ご夫妻は、わんちゃんをこよなく愛する素敵なご家族です。土地探しからでしたが、多大な協力をいただきながら、楽しくお手伝いさせていただきました。ブラウニーちゃんが安全に過ごせるようにといただいた提案は勉強になるとともに、K様の優しいお人柄を感じる温かいものでした。「みどりちゃん」と命名していただいたスウェーデンハウスもご家族の一員となり末永くお付き合いいただけることに大きな幸せを感じています。